ダイビングスクール「サマータイム」について

ホーム > ダイビングスクール「サマータイム」について

ダイビングスクール「サマータイム」について

「サマータイム」のコンセプト

 お客様一人ひとりにサービスと愛情をお届けしたく完全メンバー制のスクールにしました。
 お客様がいつでも気軽にダイビングができるようにダイビング専用温水プールを完備しました。
 お客様が安心して海に潜れるように、インストラクターが事前調査して安全確認がとれた海
   にしかお連れしておりません。
 お客様のニーズにお応えできるよう対応するインストラクターのトレーニングを怠りません。
 お客様にダイビングを通じて、
   笑顔になること、向上心を持つこと、探求心を持つこと、人である喜びを感じられる、
   そんな大人の活動をご提供しています

「サマータイム」の生い立ち

サマータイムダイビングスクールは1990年4月1日に
八千代台北2丁目にオープンしました


当時の店舗の総面積は7坪と、ダイビングスクールというよりは、小さなショップとしてオープンしました。ダイビングスクールというにはあまりにも何も無い施設で、学科講習を行う“レクチャールーム”も無く、ダイビングを覚えるのに不可欠な“ダイビングプール”も当然所有していませんでした。ダイビング教育の最終チェックを行う“海洋実習”では、海辺の民宿を借りて、まるで学生の合宿所のような場所でダイビング講習を行っていました。これは、ダイビングスクールといわれているショップがのほとんどが行っている現状でしょう。

皆さんはダイビングを始めるに当たり、イメージするものは何でしょうか?“南の島”、“ヤシの木”、“サンゴ礁 ”、“白い砂浜”など、「きれいで楽しい海」を想像してダイビングに夢を託すのではないでしょうか?ダイビングスクールは、皆様のご要望に答える必要がありますが、残念ながら“レクチャールーム”、“ダイビング専用プール”、“海洋リゾート”を自社所有している本物のダイビングスクールは少ないようです。

一般的にダイビングショップ設立の理由は、「ダイビングというスポーツが好きだから仕事にしてしまった」というオーナーが多いようです。

趣味の延長でショップをオープンするのなら、資本金をできるだけ少なくして「自己負担を減らす」ことを考えてショップをオープンさせてしまうのです。しかし、その負担は「ダイビングを始める受講生」にかかっていたことにサマータイムの設立者は気が付きました。

ダイビングスクールをやるならば、「資本」をかけて、ダイバーの夢を壊さずに、“喜んでもらえる施設を完備する”それができないのなら「やめる」。サマータイムは前者を選択しました。それが、現在のサマータイムダイビングスクールのはじまりでした。 1996年ダイビング総合施設としてプール完備、レクチャールーム常設、ミーティング等の多目的スペースも備えた、理想的なダイビングスクールがここ八千代台東に誕生しました。








ダイビングスクール「サマータイム」スキューバダイビング・ライセンス資格取得
「サマータイム」ダイビングスクール 電話番号 047-486-8848 平日・土日祝 10:00〜21:00(火曜定休日) 千葉県八千代市八千代台東1-44-1 京成本線八千代台駅東口徒歩2分